top of page
  • 執筆者の写真Sion English

オキシトシン

イヌと交流しているとき、ヒトとイヌのどちらもオキシトシン(しばしば「愛情ホルモン」や「抱擁ホルモン」と呼ばれる)を分泌し、短期的にストレス反応を低下させると研究結果が出ています。

さらに、人は憂鬱さや嫉妬、不安、無垢力、恐怖などの困難な感情を、恋愛関係のパートナーや友人よりも愛犬に打ち明けやすいことが明らかとあり、

特に厄介な感情については、単に表現すること自体にも価値がある。感情を言葉にすると、恐怖や不安などの激しい感情を処理する脳の「扁桃体」の反応が鎮まり、主観的にも神経科学的にも、ネガティブな感情が弱まることも研究結果として明らかにされている。

長い間人と共に過ごしてきた理由がわかる気がします。



bottom of page